スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィーンからブタペストへ

ウィーン国際空港到着は午後4時過ぎ頃だったでしょうか。入国審査はコペンハーゲン同様超簡単、何も聞かれることなく、ポンとスタンプを押してくれました。ただスーツケースを壊されていた方がいらしたので(話には聞くのですが、私はまだ経験がありません)、空港で少々時間を取りました。

まあ、確かに空港のラウンジで荷物の積み込み作業を見ていますと、それこそポンポン投げていますから(笑) 壊れても不思議ではないのかもしれません。今のところ私の RIMOWA は無事ですけど、そのうちベコベコになっちゃうのかな(年季の入ったスーツケースも素敵ですけどね) 

さて、空港からハンガリー人の運転手さん(この旅の間中ずっとお世話になりました) が運転するバスに乗り、オーストリアの国境を越えて(約240㎞の距離) ハンガリーの首都ブタペストを目指します。

今回のツアー参加者は14名でしたから、バスはゆったりひとりで座れます。添乗員さんから 「ひとり掛けが充分出来ますから、一番前の座席は空けて、本日前方に座った方は明日は後方の座席へというように適宜お願いしますね」 と言われ、真面目な参加者の皆さんは整然とそのとおりにしていらっしゃいました。

因みに今回のメンバーはご夫婦一組、お母さんとお嬢さんの親子さん一組、女子大生のお友達同士一組、卒業旅行のカップル一組、お母さんとお嬢さん二人、それからお嫁さんという四人組、男性がひとりと私、そして添乗員さんです。

皆さん本当に良い方たちでして、ツアーにひとり参加していますと当然、昼や夜の食事はどなたかのテーブルにお邪魔することになるのですが、楽しい時間を過ごさせていただきました。朝食は毎回レストランへ一番乗り~でしたので、添乗員さんと同じテーブルになったり、ひとりの時間を楽しんだりしていました(笑)

さて、「オーストリアからハンガリーの国境をバスで越える」 今では国境付近に当時の名残の検問所跡があるくらいで、すっと何の問題もなく通過出来ますが、以前は大変だったそうです。ベルリンの壁崩壊後、多分ハンガリーがシェンゲン条約加盟国になる前のことではないかと思います。

国境を越えるバスが延々と連なり、特に中国人観光客のバスの後になると最悪と言うか、もう国境を越えが何時間かかるかわからない、諦めるしかなかったとか・・・バスから降り、周囲の芝生に座って時間を潰したこともあったそうです。

それよりも、私はハンガリーが鉄のカーテンの向こう側、つまり旧東欧圏時代の国境越えについてとても興味があったのですが、さすがに添乗員さんもその頃のことは知らないと言っていました。あの時代の旧東欧の国々については情報が少なく、謎のヴェールに包まれていましたよね。

因みに以前ちょっと知り合ったやはり旧東欧圏出身の方から聞いたことがありますが、ベルリンの壁崩壊の随分前から、あらゆる電波が東側の国々にも入り込んでいたそうです。テレビからはいろいろな国の言語が流れ、それでその方も数か国語を話せるようになったと言っていました。

そうそう、この国境付近は写真撮影禁止とのことでしたので、バスの中から撮影することはありませんでした。尤ももう暗くなってきていましたし、街灯もほとんどない田園地帯ですので、撮影は無理だったと思います。

それからバスがオーストリアを走っていた時だと思いますが、やたらと風力発電用の風車が廻っていました。周囲に何もない田園地帯?ですので風が強いのでしょうか。またドイツ語圏らしい「エコなのかな?」とも思いました。

20110602t-1.jpg
走っているバスの車窓より撮影していますのでボケておりますが・・・こんな風景が暫く続きました


ハンガリーに入った途端、道路がガタガタになったような・・・舗装状態があまり良くないのでしょうか?そんなことも印象に残っています。東西の格差というのはこんなところにも残っているのかもしれません。

しかしブタペストの市内に入り、暫くするとそんなことは忘れてしまうほどの美しい街並が目に飛び込んできました。ドナウの真珠 まさにその言葉どおり、まるでおとぎの国に迷い込んでしまったかのような素晴らしい夜景でした。

ブタペスト観光の目玉、この美しい夜景につきましては翌日のドナウ川ナイトクルーズで、そぼ降る雨の中、寒さに震えながら船の二階席より何枚か撮影してきましたので、乞うご期待(笑)

さてこの日は機内で食べた軽食が夕飯代わり?でしたので、食料は独自調達ということでした。私は到着した興奮やらでそれほど空腹を感じませんでしたので、日本から持っていったチョコレートと品川巻き(煎餅ね 笑) をちょこっと食べて済ませました。

他の方たちがどうしたのかはわかりませんが、皆さん、機内ではブロイラー状態でしたのであまりお腹が空いていなかったのではないかと思います。途中トイレ休憩に立ち寄ったドライブインで買い物をしている方もいらっしゃらなかったようですし。

20110602t-2.jpg
国境近く (ハンガリー) のドライブインの有料トイレ入り口です 地下でした
100フォリント(約50円) だったかな?を入れるとバーが動き 中に入れます
100フォリントの金券が出てきて ドライブインでお買い物をすることができます
有料とはいえ 「ここで買い物してね そうすれば無料です」 ということでしょうか
私は使用しなかったのですが 中は掃除が行き届いていて綺麗だったそうです


ホテルは中心街から少し外れたところに建つ、イビスブタペストバーツィウートです。それほど大きくないホテルでして、部屋も割合狭かったかでしょうか。でも当然ツインルームをひとり独占状態ですから(笑)、使わないベッドにど~んとスーツケースを広げ、それなりに快適でした。

20110602t-3.jpg
こぢんまりしたホテルの部屋 ひとりだとこのくらいが丁度良いかも(笑)

20110602t-4.jpg
早速ベランダに出てばちばちと・・・ 部屋が暖かいので冷たい夜気が気持い~い


こちらでは「お湯の出が悪いのは当たり前、特に日本人観光客が一斉にどどっと浴槽にお湯を張り始めると、急騰タンクのお湯がなくなってしまうので注意して下さいね」 と添乗員さんから言われていましたので、さっとシャワーだけで済ませました。

どうせ私、朝シャンするんだし (夜お湯の出が悪いのなら朝にしようということでして・・・それに毎シャンは習慣になっているので、コレしないと目が覚めないのですよね 汗) ちょこっとホテルのロビーにあった売店も覗きたい(結局売店は閉まっていましたが 笑) とまたうろうろ癖が・・・

実はホテル周辺もうろついてみたかったのですが、「治安は悪くはありませんが、夜や朝でもまだ暗いうちにひとりで街をうろつくのは危険ですよ」 と添乗員さんから釘を刺されていたので、やめました。初日からトラブルに巻き込まれたら皆さんに迷惑をかけてしまいますしね(汗)

そうそう、今回は旅の間緊張感は全くなかったのですが、集合時間とかやはり団体行動をするという拘束感のようなちょっとしたストレスを感じていたように思います。「ここ、もう少しゆっくり見たいなあ」 というところも結構ありましたし。


ということで第一目のブタペストの夜は静かに更けてゆきました・・・

20110602t-5.jpg
道路の横に地下鉄の入り口が見えます こちらの地下鉄はとても浅いところにあり吃驚

20110602t-6.jpg
トラム(路面電車)も来ました 乗りたかったなあ まあ次回のお楽しみということで(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

機内のヒト

トサカのにーちゃんの足の長さにぶったまげた!!


さて、第1日目はほとんど機内のヒトとなるわけですが、実は私、長~い飛行時間も全く気にならないというか、いつも 「行きはよいよい~♪」 なのですね。

機内食は今迄の旅ではまあまあだったし、頻繁にいただける飲み物も決して悪くない。それに食前にどんなスナックがでるのかな?などとという楽しみもあるし(要するに決してグルメじゃない単なる食いしん坊なの 笑)

「すっちーさん、綺麗だなあ」 とぼんやり見惚れてたり、「あり?もしかしたらこのフライトアテンダント君、Gかなあ?(←ほとん独善的妄想状態 爆)」 とか、あれこれ想像する楽しみもありますし♪

実は今回、機内本を忘れちゃったのですが、横の座席のオーストリア人、トサカのにーちゃんが私を結構楽しませてくれまして(笑) あっという間の12時間でした。

オーストリア航空機はスカンジナビア航空機より大型でして、座席が横列3・4・3となっていました。己のチケットを見ると37B つまり通路側のシートかな。

そういえば、添乗員さんが 「ルシアンさんの座席、通路側にしておきましたよ」 と言っていました。実は私、トイレがそれほど近くはないので窓側でも全く問題ないのですけれども。

さて席は何処かな~と進むうち己の座席を発見、な、なんと最後列でした。そして飛行機ってお尻がつぼまっていますから? 最後列は 2・4・2となっているわけですよ。

つまりほぼ3人のスペースに2人分の座席があるわけです。従って座席の横に少し空間があり、同じエコノミ座席でもなんとなく開放感があります。

席を探している間、私の後ろをずっと付いてきたのが件のトサカのにーちゃんでして、彼が窓側の席でした。え?トサカのにーちゃんって何? ですか?(笑)

読んで字の如し、まるで鶏の鶏冠のように髪をツンツンと立たせてた、若~い(どう見ても20代前半だよなあ・・・) ビジュアル系のかっこいいにーさんでした。

オーストリア人というのは、オーストリア人のスッチーさんとドイツ語で会話していたことと、その後ちょっとだけ私のへっぽこ英語で会話する機会があったのですが、それで判明しました。

さて、飛行機がテイクオフするや否や、とさかのにーちゃんはLumixのカメラをワーカー風パンツのポケットから取り出して、ばちばち撮りまくります。

私の方を見て 「外の写真を撮りたかったら、ぐっと身体を乗り出していいからね~(というようなことだったと思う 汗)」 と言うと今度は iphone か ipod のゲームに熱中し始めました。 

ひょろひょろっと背が高い (多分190cm近かったかと) ので当然手足が長いわけですが、そのしなやかな長~イ指 (そういえば私、指フェチだったじゃん 爆) でチマチマとゲームに励んでいる姿がなんともかわゆい(笑)

いや、見るとはなしに目の端に入ってしまうのですよ。そんなこんなで彼も別に話しかけてこないので、私も敢えて会話しようとも思わず、ガイドブックを読んだり居眠りこいたりしていました。

そして待ってましたあ、機内食の時間です(笑) やれ 「白ワインだ、赤ワインだ」 と騒ぐ私を尻目に、とさかのにーちゃんは常にアップルジュースをご所望でした。

もしかしてオーストリア人はアップルジュース好き?

いやはや、皆様ご存知の通り日本にいる時は私、ほとんどお酒を飲めません、否 飲みません。でも機内は乾燥しているし、なんとなく開放感からか「ちょっくら一杯」 なんてやってみたくなっちゃったのですね。

スッチーさんがワインをコップに並々と注いでくれるので、結構ぐっと飲み干しちゃうのですが、不思議なことに全く酔いがまわらないというか、「ちょっといい気持ちかも~」 くらいでした。

今回の旅行中はそれこそ調子こいて(あせっ) 食事のたびにワインだビールだと飲んでしまったのですが、普段より勢いがちょいとつくくらいで、全く酔わなかったのは不思議。

空気が乾燥していることと、あの寒さがぽっと私の身体についた熱(笑) を程よく醒ましてくれたのかな~とも思いますが・・・

帰国後、お酒は全く飲んでいないので、基本的に私は 「お酒は全く必要アリマセン」 のヒトだと思います。旅行中はそういう気分というか、やはり日常をちょこっと離れた世界を体感してみたかったのかもしれませんね。

さて、トサカのにーちゃんの足がえらく長いなあ~と感心した出来事をここでひとつ。

実は私、食後の満腹感から眠くなり居眠りしていたのですが、はっと気がつくと、トサカのにーちゃんが隣でモゾモゾしています。

あ、いけないトイレかな、もしかしたら我慢させちゃったかも(汗) と急いで席を立とうとすると 手で私を制して OK OK No problem  とか言うのですよ。

そして次の瞬間、さっと立ち上がり、その長い足で座席後方を何の問題もなく跨ぎ!! 私達の座席とトイレの壁の隙間へ(どうやら座席の後ろは救急用品などが置いてあるスペースのようでした)。

実は帰りの飛行機で同じ座席の今度は私が窓側でしたので、トサカのにーちゃんの真似をして私もやってみたのですが、途中で足が引っかかり大変な思いをしました(滝汗)

もしかしたら彼はこの座席跨ぎを何度かやっていたのかもしれませんね。何しろ私、満腹になると眠くなり、結構爆睡モードでしたので(笑)

そんなこんなでウィーンの空港に着きました。着陸した滑走路が遠かったらしく、バスで空港に向かったのですが、そのバスで私の前に立ったのが件のトサカのにーちゃんでした。

にっこり笑う姿があまりにもかわいらしかったので、ついつい

「日本へは旅行だったの?」 (どう逆立ちしてもビジネスには見えませんでしたけど・・・多分学生じゃないかなあ)とへっぽこ英後で聞くと

「数週間日本に滞在していた」とかなりドイツ語訛りの強い英語(バスの騒音←言い訳デス で良く聞き取れなかったので何度か聞きなおしました 汗)

「ウィーンは初めて?」と今度はあちらから質問

「はい」と答えると 「どのくらい滞在するの?」

「8日間の旅行だけどウィーンは2日間だけ」

吃驚した顔をして 「そりゃ、短いね!!」

「ウィーンはいい街だよ、旅を楽しんでね」

入国審査の列が一般のヒトとツアー客用が異なっていたので、そのまま別れてしまいましたが、いつもの旅行のように現地のヒトとちょっとだけ触れ合えたことが単純に嬉しかったデス。これもへっぽこ英語を続けている理由かもしれません(笑)

そんなわけで行きの機内の画像はありません。因みに機内食は、鶏肉の煮込みのようなもの?、ごはん、ソーメン、ザッハトルテのようなケーキでした。軽食はおにぎり又はチキンラーメンだったかな(笑)

日本人乗務員は2人でしたが、オーストリア人乗務員も日本語で「お茶でございます」と言ってお茶を配っていました。そういえば日本茶と紅茶はありましたがコーヒーがなかったような・・・

こんなご時世(往復の航空運賃かなり安かったのではないかと) ですし、エコノミークラスですから、機内サービスについて文句はありません。機内食もお腹が空いていれば美味しいですし、私、残さず平らげました(笑)

20110521t-1.jpg

というわけでここはもうウィーンの空港です 私達を含めて3組のツアー客が同じ便に乗っていたようでした 

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

プロローグ

まずは今回の旅の日程表から


第1日目 2月18日(金)

成田空港12時25分発 オーストリア航空にてウィーンへ
16時10分ウィーン国際空港着→バスにてハンガリーへ
ハンガリーブタペスト イビスブタペストバーツィウートホテル泊


第2日目 2月19日(土)

午前中はブタペスト市内観光 
ホテル→英雄広場→市民公園→聖イシュトバン大聖堂→くさり橋→魚夫の砦
→カロチャ刺繍店→マーチューシ教会→昼食→中央市場→自由行動
夕食後ドナウ川クルーズ


第3日目 2月20日(日)

ホテル→バスにてスロバキアへ→午前中はブラチスラバ市内観光
ブラチスラバ城→三位一体教会→ミハエル門→中央広場→旧市庁舎→昼食→自由行動
バスにてチェコへ プラハクラリオンコングレスホテル泊


第4日 2月21日(月)

午前中はプラハ市内観光
ストラホフ修道院「神学の間」にてクラシックミニコンサート→哲学の間→プラハ城
→聖ビート教会→カレル橋→旧市街広場→旧市庁舎→(天文時計)→ボヘミアンガラス店
→昼食→自由行動


第5日目 2月22日(火)

ホテル→チェスキー・クロムロフ観光
チェスキー・クロムロフ城→ヴルタヴァ川→スヴォルノスティ広場→展望台→聖ビート教会
→昼食→自由行動→バスにてウィーンへ ウィーンアルコテルビンベルガーホテル泊


第6日目 2月23日(水)

ホテル→ウィーン市内観光
シェーンブルン宮殿→市立公園(ヨハン・シュトラウス像)→バスの車窓よりリンクを見る
(オペラ座、美術史博物館、市庁舎等)→昼食→自由行動


第7日目 2月24日(木)

ホテル→ウィーン空港13時15分発オーストリア航空にて成田へ


第8日目 2月25日(金)

成田空港8時25分着



いやあ、書きながら本当にお疲れ様~という感じ(笑)  「見所満載、てんこ盛りの旅」 でした。そして午前中の観光もさることながら、その後の自由行動も私は凄かった(爆)

中欧旅行は移動距離が半端じゃないけど、観光中の徒歩距離も相当なものらしい。半日の観光で1万歩を軽く超えていた日もあったようです。

しかし私にとって午後の自由行動こそ命!!じゃないけれど(笑) 糸の切れた凧のようにひとりであっちふらふらこっちふらふら、見知らぬ異国をひとり歩く解放感はどう表現していいかわからないくらい

「北欧ぶらっとひとり旅」 でその快感を味わってしまってから、自分のペース (かなりハイペースです ハイ 笑) であちこち歩き廻りたい!! そういう欲求に駆られるのです。

そしてどの国でも食べるものが美味しいから、出されたものは残すことなく がっつり 平らげてました。食べすぎたかなと思った日はその後、兎に角歩く(笑) 

朝はまだ暗いうちから目が覚めちゃって、少し明るくなるのを待って早朝の街をひとりでふらふら(爆) 従って朝食は毎回一番乗り (ホテルの準備がまだ整っていなくてレストランの外でじっと待っていた日もありました・・・汗)

夕飯を食べすぎちゃった時は、ホテルの階段をひたすら上り下りしていました。ホント旅行の時ってどうしてこんなにタフになれるんだろう?と思うくらい精力的に動き回ります。「日頃の怠惰な生活はなんなんだ!!」とお叱りの声が何処ぞから聞こえてきそうです(笑)

というわけで詳細は次回からということで・・・

プロフィールにも使っているこの画像はウィーンの学友協会ホールです。ニューイヤーコンサートで有名なこのホールでクラシックコンサートを楽しめたなんて、今思い返しても夢のような時間でした。

20110518t.jpg
プロフィール

lucienn

Author:lucienn


2011年2月18日より25日まで 勤続〇〇年の休暇及び旅行券を使って中欧4カ国巡りツアーに参加しました

気紛れかつ気儘 そして超我儘・・・ 兎に角団体行動が苦手なのでどうなることやらと心配しましたが メンバーの皆様のおかげで楽しい旅を続けることができました

随分日数が経ってしまいまして 記憶もあやふやになりつつありますが 画像を中心に更新してゆきたいと思っております

毎度の如くのんびり更新です そしてまた途中でぱたっと止まってしまうかもしれませんが(あせっ) よろしく~ (2011.5.18)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。